HOME >> スタッフブログ >> ブログ >> 「借入可能額」と「返済可能額」、あなたはどっちを重視すべきか知ってますか?

「借入可能額」と「返済可能額」、あなたはどっちを重視すべきか知ってますか?

「借入可能額」と「返済可能額」、あなたはどっちを重視すべきか知ってますか?


本日は久々に住宅ローンのお話。


そもそも「借入れ可能額」と「返済可能額」の意味はご存知でしょうか。

借入れ可能額とは・・・?

借入可能額とは、いくらまで住宅ローンを借りることができるかという限度額のことです。

 

一般的には年収、返済方法、金利、住宅購入に関わる総予算等から金融機関が試算することになります。

 

シンプルに言えば「今の収入から最大いくらまで借りれるか」ということです。

返済可能額とは・・・?

返済可能額とは、毎月無理なく住宅ローンを返済できる額のことを指します。賃貸の家賃と同じで、月収の3割以下に抑えておくのが一般的です。


もちろん、家以外で何にお金を使うかによるので、必ずしも「月収の3割以下なら大丈夫!」
と言い切れるわけではありません。

「借入れ可能額」と「返済可能額」、どちらを重視すればいい?

重視すべきは返済可能額です。なぜでしょうか?

 

それはあなたの人生で何を重視するかによって、住宅の購入費に充てるべき費用が変るからです。

 

例えば借入れ可能額を試算した結果、4000万円借りれるとします。


だからといって4000万円すべてを住宅購入に充てるべきでしょうか。

 

子供を小学校から私立に入れたいとか、毎年1回は家族で海外旅行に行きたいとか、そんな希望があるのであれば、それにかかる費用は差し引いておくべきです。

 

車を買うときでも、1000万のカーローンが組めるからといってみんながレクサスを買うわけではありませんよね。それと同じです。

「借りられる額」と「借りてもいい額」は違います。

いかがでしたか?

念押しですが、「借りられる額(=借入れ可能額)」と「借りてもいい額(=返済可能額)」は違います。あなたとあなたの家族がどんなライフスタイルを送るのか、それを元に考えましょう。

熊本のアンティーク・ナチュラル風注文住宅ならナチュリエ
丸本