HOME >> スタッフブログ >> ブログ >> 「注文住宅を建てるのは頭金300万円くらい貯めてから・・・」とお考えの方へ

「注文住宅を建てるのは頭金300万円くらい貯めてから・・・」とお考えの方へ

「注文住宅を建てるのは頭金300万円くらい貯めてから・・・」とお考えの方へ


家を建てるときは頭金を300万円くらい貯めてから・・・と考えている方へ


なぜ頭金を貯めるべきか、理由をご存知ですか?

頭金を準備するメリットとしては、大きく分けて二つある

頭金を準備するメリットは主にこの二つです。

「家は頭金を貯めてから建てなさい」と言ってくるのは、あなたの親では?

家づくりの話を親にすると、「頭金はどのくらいあるの?ちゃんと貯めてからにしなさい」と言われたことはありませんか?

 

住宅会社の広告には「頭金0円でも大丈夫!」なんて書いてあるのに、なぜを親からはこう言われるのでしょうか。

 

それはあなたの親世代が家を建てたときの住宅ローン金利が高かったからなんです。


過去30年間の最高金利は8.5%!?

あなたの親が家を建てたのはおそらく30年前くらいではないでしょうか。そのときはちょうどバブル景気と言われていた時代。景気がいいので住宅ローンの金利も高かったんです。

 

なんと当時の住宅ローン金利は最高で8.5%。

 

もし3000万円を35年返済、金利8.5%で借りたとすると、総返済額は9410万円になります。金利だけでも借入額の2倍以上払わなければならなかったんです。

 

だから、あなたの親は頭金を増やして少しでも住宅ローンの借入れを減らすようにアドバイスするんです。(もちろんあなたのために!)


でも今は住宅ローン超低金利時代

今は住宅ローン超低金利時代といわれています。フラット35の金利は1.11.54%(20166月)となっています。

 

ほとんどの方が、月々710万円の家賃を払いながら頭金を貯めるよりも、早く家を建ててしまったほうが得になる時代です。

 

300万円貯めるために月々5万円ずつ貯めても、5年も掛かります。その間に流れ出てい

く家賃を計算したことはありますか?(見たくないと思うのでここでは計算しません。笑)

 

頭金を貯めて家を建てるか、今ある貯金でやりくりして家を建てるか、どちらが得か一度計算してみてくださいね!


熊本のアンティーク・ナチュラル風注文住宅ならナチュリエ
丸本