HOME >> スタッフブログ >> ブログ >> 【どれを優先する?】注文住宅の間取りの要望、優先順位の決め方

【どれを優先する?】注文住宅の間取りの要望、優先順位の決め方

【どれを優先する?】注文住宅の間取りの要望、優先順位の決め方


注文住宅の間取り設計をする時は、夫(妻)、子供から色んな要望が出てくるもの。

 

アイランドキッチン!

 

無垢の床!

 

吹き抜け!

 

暖炉!

 

ウッドデッキ!

 

ビルトインガレージ!…etc

 

その要望にすべて応えれば、家族みんなの理想の家が出来上がりです。予算以外は。(笑)

 

ただ、一番縛りの強い要望は予算です(おそらく)。「せっかく注文住宅を建てるんだからこだわりたいっ!」という気持ちは当然。



じゃあどうやって優先順位を決めていけばよいか知ってますか?

間取りの要望、優先順位の決め方

まずは出している要望が「必要なもの」なのか、「欲しい物」なのかに分けます。例えば、4人家族(夫婦、子供2人)で子供に一人部屋を与えたいなら、洋室3部屋は必要なものです。

上に挙げた子供の一人部屋は毎日使いますし、少なくとも子供が独立するまで10年以上は使うはずです。逆に、客間や書斎などの一時的にしか使わない場所、なくても代替できるものは削ってもいいかもしれません。

例えば、普段の生活で主寝室に行くのは基本的に寝る時だけです。その寝室の内装にこだわる必要はあるでしょうか?それよりも、家族で長い時間を過ごすリビングに予算を掛けたほうが満足するはずです。(もちろん、どこにこだわるこだわらないはあなたの自由です。)

いかがでしたか?

ご家族によって優先順位は様々。どう判断していいか分からない場合は、設計担当やインテリアコーディネーターに意見を聞いてみてください。プロの観点から的確なアドバイスをくれるはずです。

 

熊本のアンティーク・ナチュラル風注文住宅ならナチュリエ
丸本