HOME >> スタッフブログ >> ブログ >> 【IKEAも後押し】照明はLEDが主流の時代に

【IKEAも後押し】照明はLEDが主流の時代に

注文住宅にはLED


こんにちは!ナチュリエの丸本です。

 

ここ数日ノーベル賞授賞式のニュースをよく目にしますね。昨年に続き2年連続で日本人が受賞しています。ちなみに昨年の日本人ノーベル賞の発明はなんだったか覚えていますか?青色LEDの発明でしたね。

 

LEDといえば、2020年度から「白熱灯」と「蛍光灯」の国内製造と国外からの輸入を事実上禁止する方針を日本政府が固めたようです。狙いとしては照明の省エネ性能を向上させていくためとのこと。(関連記事「白熱灯と蛍光灯が製造禁止に?LEDって実際どうなの?」

 

LEDを白熱電球と比較した場合、1日5時間点灯・10年間の条件でLEDの電気代は白熱電球の約7分の1になるとのこと。個人的に白熱灯の明るさは好きですが、ここまで性能が違うと今回の政府の方針も仕方がないのかなとも思います。


IKEAは照明を全部LEDに

ちなみにIKEAの照明は全てLEDとなっているとのことです。おしゃれなブランドイメージを完全に無視した(?)解説動画からも、省エネ対応に対するIKEAの本気度が伝わってきますね。(笑)


動画はコチラから

「未来を照らせ、LED!」みんなでダンスだ、スイッチだ!

以前に別の記事で「朝日を浴びると健康に良い」ということをご紹介しましたが、家の中の照明も時間帯によって明るさを変えると体内時計がより正確に機能するようです。(以前の記事はコチラから「ダイニングを東側に配置するメリット」


我が家でも就寝時間が近づくに連れて段々とリビングの照明を暗くしていますが、そうすると寝付きがよくなって、朝はスッキリ起きられます。
家づくりの際、リビングと各寝室の照明は調光可能なLEDにしてみてはいかがでしょうか。



熊本のアンティーク・ナチュラル風注文住宅ならナチュリエ

丸本