HOME >> スタッフブログ >> ブログ >> 【注文住宅の間取り】6帖?8帖?子供部屋の広さで悩んでいるあなたが知っておくべきこと

【注文住宅の間取り】6帖?8帖?子供部屋の広さで悩んでいるあなたが知っておくべきこと

【注文住宅の間取り】6帖?8帖?子供部屋の広さで悩んでいるあなたが知っておくべきこと


「子供が部屋に引きこもらないようにしないと・・・」とお考えのあなた。

 

子供部屋の広さは何帖くらいがいいかご存知ですか?

 

ライフスタイルによって様々でいいと思いますが、基本的には4.5+収納(クローゼット)で充分です。

子供部屋は4.5帖+収納があれば充分な理由

子供部屋に引きこもるような子になって欲しくない。

 

親なら誰でも思うことですね。子供が部屋に引きこもる主な原因は、居心地が良いからです。

 

テレビもあって、ゲームもあって、冷蔵庫もあって・・・

 

すべてあなたが子供の頃に自分の部屋に欲しかったものではないですか?笑

 

部屋に引きこもらせないためには、居心地良すぎる空間にしないことが大切です。

 

かといってベッドと簡易的な棚しかないような病室みたいな部屋にする必要もありません。ほどほどが大切です。(笑)

 

そのほどほどのラインが、「4.5+収納」と言われています。

子供部屋ですることは意外と少ない?

子供部屋ですることは、「机の上で何かをする(勉強、読書など)」か「寝る」くらいではないでしょうか?それだけのために広いスペースは必要ですか?

 

もちろん68帖にしちゃったから必ず子供が引きこもるわけではありません。最低限必要な広さは「4.5+収納」くらいということです。

 
子供部屋を広くしなくていい分、他の部分のスペースを拡げたり、建てる土地だって選択肢を拡げられるかもしれません。

間取りを考えるときに参考にしてみてくださいね。

 

熊本のアンティーク・ナチュラル風注文住宅ならナチュリエ

丸本