HOME >> スタッフブログ >> ブログ >> ダイニングを東側に配置するメリット

ダイニングを東側に配置するメリット

ダイニングを東側に配置する理由


こんにちは!ナチュリエの丸本です。

 

本日は間取りのあれこれの中で、ダイニングの位置についてのお話です。ダイニングは一般的に東側に配置すると良いとされています。なぜでしょうか。


ダイニングを東側に配置する理由

ダイニングを東側に配置するのは朝日が差し込むというメリットがあるからです。一日の始まりにまず家族が集まるのは、やっぱり朝ごはんの時ですよね。ダイニングが朝日の差し込む東側にあると、朝ごはんを食べるときに人工ではない自然の光を浴びることができます。


朝日を浴びるメリットは?

ご存知の方もいると思いますが、人間は朝日を浴びると体内のスイッチが入るようにできているとのことで、家族みんなが気持ちよく一日のスタートを迎えられます。

 

朝日を浴びるとセロトニンの活発に分泌され、体内時計がリセットされます。できるだけ毎日同じ時間に寝て同じ時間に起きるということは、健康な体を保つ上で大切なことですよね。

 

朝が苦手でカーテンを閉めきった暗い部屋で寝ている方は、就寝前に部屋のカーテンの一部を開けておいて、朝日が入るようにするのも一つの方法です。


本日のまとめ

もちろん土地の条件によって必ずしも東側にダイニングを配置できるとは限りませんが、その際はダイニング以外で自然と朝日を浴びる場所を作ってみてはいかがでしょうか。

 

熊本のアンティーク・ナチュラル風注文住宅ならナチュリエ

丸本