HOME >> スタッフブログ >> ブログ >> 住宅の外観で選ぶべきは尖ったデザイン?飽きのこないデザイン?

住宅の外観で選ぶべきは尖ったデザイン?飽きのこないデザイン?

住宅の外観で選ぶべきは尖ったデザイン?飽きのこないデザイン?


こんにちは!ナチュリエの丸本です。


仕事柄よく住宅の完成見学会の広告を見ます。


そうすると最近は「尖った(とがった)デザインが増えてきたなー」と感じます。以前はCasa BURUTUSのような雑誌でしか見れなかったデザイン住宅。今はリビング新聞やすぱいす等のフリーペーパーでも見るようになりました。

デザイン住宅の特徴

最近流行っている「カッコいいなー」と思う家の特徴はこれぐらいでしょうか。ワンポイントで木目を入れたりするのも流行っているみたいですね。

尖ったデザインを選ぶときに気をつけたいこと

外観がカッコいい家は人目を引きますし、素晴らしいと思います。ただ、その尖ったデザイン、20年後はどう見えるでしょうか。

 

発売された当初はデザイン性が高くてカッコいい車。しかし20年も経てば、ダサく見えてしまいがち。ただ、車であれば買い替えてしまえば済む話です。

 

しかし、住宅の場合はどうでしょうか。車のように簡単に買い替えたりできるもではないですよね。

住宅には飽きのこないデザインがオススメ

住宅には飽きのこない、普遍的なデザインをオススメします。普遍的なデザインにするためには、流行を追いすぎず保守的なデザインを取り入れることが必要になります。

 

もちろん、家づくりをする方の自由なので、尖ったデザインを選ぶのもありだと思います。必要なのは、周りにどう思われても自分が好きなら気にならないという気持ちです。(笑)

ナチュリエは時が経つほど味が出てくる家

naturie_main-

ナチュリエの家のコンセプトは「ナチュラル&アンティーク」。時が経つほど住んでいる人の味が出てくる家です。伝統的なデザインを取り入れているので、20年経っても色褪せることはありません。

 

家は一生に一度の買い物です。自分がずっと好きでいられるデザインを選んではいかがでしょうか。

 

熊本のアンティーク・ナチュラル風注文住宅ならナチュリエ
丸本