HOME >> スタッフブログ >> ブログ >> 【狭い道路にご注意】セットバックとは?

【狭い道路にご注意】セットバックとは?

【土地】セットバックが必要な道路

こんにちは!ナチュリエの丸本です。

 

不動産屋さんからもらう土地情報に、「セットバック有り」と表記されていることがあります。この「セットバック」の意味はご存知ですか?

セットバックとは?

セットバック


そもそも家を建てるときは、接している道路の幅が4m以上ある必要があります。でも、実際には道路の幅が4mもない場所が存在します。熊本市で言えば西区の池田や花園なんかに多いですよね。

 

道路の幅が4mに満たない場合は、道路の幅が4m以上になるように道路から下がった場所まで土地を後退させなければなりません。つまり、後退した分だけ家を建てられる土地の面積が減ってしまうということです。ちなみにセットバックを行わないと「家を建てて良い」という行政の許可が下りないことになっています。

※上記の場合は道路の反対側の土地も1mセットバックするので、道路幅は合計(2m+1m+1m)で4mとなります。

セットバック有の土地を買うときの注意点

「道路幅が2.5mなので、0.75mセットバックすればOKだと思っていたら、実際に測ってみると2mしかなかった。」なんてことが起こったりするかもしれません。上記の場合、追加で0.25m、合計で1m後退しなければならず、その分建築できる面積が減ってしまいます。

広い土地であれば問題ないかもしれませんが、狭い土地だった場合にはすでに出来上がっていたプランを変更する必要が出てくるかもしれません。契約する前にしっかり確認しましょう。


またセットバックが必要な土地はその周りの道も狭いことが多いです。車の運転が苦手だったり、ミニバンのようなの大きな車に乗っている方は、実際に周辺を車で走ってみるなどして問題がないか確かめておきましょう。



いかがでしたでしょうか。街中などの比較的便利な場所にある土地を買いたいという方はセットバック有の土地に当たることも多くなります。しっかり知識を身につけておきましょう。


シアーズホームの分譲地情報はコチラから(※別サイトに飛びます。)


熊本のアンティーク・ナチュラル風注文住宅ならナチュリエ

丸本