HOME >> スタッフブログ >> ブログ >> 実は真夏だけじゃない?梅雨にも起きやすい熱中症と簡単にできる対策6選!

実は真夏だけじゃない?梅雨にも起きやすい熱中症と簡単にできる対策6選!

dc075fd6610ac76bfef476d9bb9c5338



こんにちは。


今日の熊本は、久しぶりに晴れました!

雨ばかりで気分もどんよりするこの時期に、ご褒美みたいな日ですね!

洗濯物も外に干せるし、お買いものも濡れずにすみますね。暑いですが・・・。

 

こんな日に気を付けて頂きたいのが、「熱中症」。


「えっ?梅雨に熱中症?」と思う方もいらっしゃると思いますが、真夏のあつ~い日だけではなく、梅雨の晴れ間や梅雨明けにも熱中症になりやすいんです。

 

なぜなら、身体が暑さに慣れていないため汗をうまくかけず、体温をうまく調整できないからなんだとか。

 


今回は日頃から簡単に実践できる熱中症対策をご紹介します。
 

普段から意識するだけで簡単にできる熱中症対策6選


●水分をこまめにとる。


ただの水ではなく、スポーツドリンクなどの塩分や糖分を含む飲料は水分がスムーズにでき、汗で失われた塩分の補給にもつながります。


 

●睡眠環境を快適に保つ。


エアコンや扇風機を適度に使って睡眠環境を整えましょう。

寝ている間の熱中症を防ぎ、日々ぐっすり眠ることで翌日の熱中症を予防しましょう。


 

●丈夫な体を作る。


バランスの良い食事やしっかりとした睡眠をとり、体調管理をすることで、熱中症にかかりにくい体づくりをしましょう。


 

●休憩をこまめにとる。


炎天下でのスポーツや、空調設備の整っていない環境での作業時などでは、こまめに休憩をとり、無理をしないようにしましょう。

 


●衣服を工夫する。


衣服を工夫して、暑さを調整しましょう。

衣服は麻や綿など通気性のよい生地を選んだり、下着には吸水性や速乾性に優れた素材を選ぶとよいでしょう。



●日ざしをさける。


ぼうしをかぶったり、日傘をさすことで直射日光をよけましょう。

また、なるべく日陰を選んで歩いたり、日陰で活動するようにしましょう。




どうでしたか。

どれも自分が意識することで、簡単にできそうですね!

 

上記の対策で、自分も自分の家族の健康もまもりましよう。


もし、熱中症になってしまった場合の処置に関しては、こちらをご覧ください。


★熱中症の症状別応急処置★



熊本のアンティーク・ナチュラル風注文住宅ならナチュリエ

永野