HOME >> スタッフブログ >> ブログ >> 家族をインフルエンザウイルスから守ろう!加湿器不要の乾燥対策!

家族をインフルエンザウイルスから守ろう!加湿器不要の乾燥対策!

9279959ab59dad207098e624b52f8f47_s


こんにちは。

今日は熊本で雪が降り、いっそう寒くなりました。

 

寒くなった時に使うエアコンは室内の空気を乾燥させやすいんです。

特に、高気密高断熱住宅は、室内が乾燥しやすくなっています

 

湿度が40%以下になると目やお肌の乾燥、のどのイガイガが気になってきますし、インフルエンザウイルスが活動しやすくなります。

反対に、湿度が60%以上になってしまうと、今度はダニやカビが発生するようになります。

 

室内での快適な湿度は約4060%といわれています。

どのくらい乾燥しているかを湿度計でよく確認してみて下さい。

実は自分が思っているよりも乾燥していない、ということがあるかもしれません。

 

やっぱり乾燥している場合は、加湿器不要の乾燥対策をご紹介しますので、是非おうちの乾燥対策に取り入れてみてください。


加湿器なしの乾燥対策


洗濯ものを室内に干すと、洗濯ものは早く乾き、お部屋の乾燥も防げますね。



お部屋に観葉植物を置くことで、土壌や植物の葉から蒸発する水分が、室内を加湿してくれます。



お風呂に入った後にお風呂場のドアを開けておくと、浴室の湿気がお部屋に広がって、快適に過ごすことができます。



お部屋で感じている乾燥は、お肌の乾燥が原因かもしれません。

そんな時に効果があるのは、大ぶりのマスクです!マスクをつけて呼吸をすることによって、マスク内の湿度が高くなり、お肌を快適に保てます。


コップ1杯の水やお湯を置いてみましょう。

水面から水分がおだやかに蒸発するので、急激な加湿はできませんが、適度な湿度を保ってくれます。



室温が下がると、湿度は上がります。着るものを1枚増やして窓を開けて外気を取り込み、お部屋の温度を少し下げてみるのも効果的です。




どうでしたか。


加湿器がなくても、身近にあるもので室内を快適な湿度を保つことができそうですね。


適度な湿度を保って、インフルエンザウイルスやカビから大切な家族を守りましょう。


是非お試しくださいね。


 


熊本のアンティーク・ナチュラル風注文住宅ならナチュリエ

永野