HOME >> スタッフブログ >> ブログ >> 工事がスタートしてからの大きなイベントご存じですか?②

工事がスタートしてからの大きなイベントご存じですか?②

b3b1ac18ea48755d58cb1c526bf47858_s


前回は工事がスタートしてからのイベントの1つめ「地鎮祭」をご紹介しました。

前回の記事はこちら。

「工事がスタートしてからの大きなイベントご存じですか?①」

今回は2つめのイベント「上棟式」についてです。


上棟式ってなに?


上棟式とは、建物の守護神と匠の神を祀って、建物の柱、棟、梁、など建物の骨組み(基本構造)まで工事が終了したことに感謝し、無事、建物が完成することを祈願する儀式のことです。

上棟式のあれこれ


・塩、お神酒(1升一本)、洗米→上棟の儀


・料理、飲み物→宴席


・引き出物、折り詰め等


※どの程度のお酒や料理が必要かは地方によって異なります。

 施工会社とよく相談し、準備をすすめましょう



1. 棟梁が棟木に幣束(ヘイグシ)を立て破魔矢を飾る


2. 建物の四方に酒・塩・米をまいて清め上棟の儀を行う


3. 上棟の儀の後、施主のあいさつ、乾杯を行い直会(宴会)へ


4. 工事に関わっている職人さんの紹介


5. 施主から職人へご祝儀を渡す


6.
お開き。手締めを行う。




上棟式は、お施主様が職人さんへ感謝を伝える数少ない機会になります。

是非執り行いましょう。

 

熊本のアンティーク・ナチュラル風注文住宅ならナチュリエ

永野