HOME >> スタッフブログ >> ブログ >> 建て替えのときに地盤調査って必要?

建て替えのときに地盤調査って必要?

建て替えのときに地盤調査は必要?

こんにちは!ナチュリエの丸本です。

 

先日地盤調査についての記事(「地盤調査って?」)を挙げていますが、今回はさらにそれを掘り下げたお話です。突然ですがここでクイズです!すでに家が建っている土地で建て替えを行う場合、地盤調査は必要でしょうか。

 

答えは、建て替えの場合も地盤調査は必要になります。

なぜ建て替えの時に地盤調査が必要なのか

新築を建てて販売する住宅会社は、瑕疵担保責任として、建てた家に欠陥があった場合はそれを補修するための資力を確保しておく義務が課されています。(参考:国土交通省/住宅瑕疵担保履行法について

 

その補修のための資金については事前に供託所に保証金を預ける、もしくは住宅会社向けの保険に入らなければなりません。この供託もしくは保険に入るにあたって、そもそも建物がちゃんとしたものであるかどうかの検査を受けなければなりません。その審査の必須項目の中に地盤調査が含まれています。

建て替えをするときに、前と全く同じ家を建てること可能性はほぼないですよね。建物が変われば建てる位置も変ってきます。しかし、同じ敷地の中でも地盤の強度は一定ではありません。敷地のどこに家を建てるのか決まったら、その家を配置する場所の地盤調査をしておいたほうが安心です。


いかがでしたでしょうか。建て替えの際に改めて地盤調査が必要な主な理由は以上の2点になります。建て替えを検討中の方はぜひ覚えておいてくださいね。

 


熊本のアンティーク・ナチュラル風注文住宅ならナチュリエ
丸本