HOME >> スタッフブログ >> ブログ >> 新築住宅の瑕疵担保責任とは?

新築住宅の瑕疵担保責任とは?

新築住宅の瑕疵担保責任とは?


こんにちは!ナチュリエの丸本です。

 

本日は新築住宅を建てた時の瑕疵担保責任についてのお話です。聞き慣れない方には難しいと思いますが、読み方は「かしたんぽせきにん」になります。


瑕疵担保責任って?

瑕疵担保責任とは、カンタンに言うと「引渡し時に気付かなかったもしくは隠れていた瑕疵(欠陥)が見つかったときは、売主が責任持ってその瑕疵の修復をしなさい」ということです。

 

例えば、新築住宅を建てた後に工事のミスによって雨漏りがした場合、その瑕疵は売主である住宅会社(もしくは不動産会社)はその補修をしなければなりません。


もし売主である住宅会社(不動産会社)が倒産していたら・・・?

とはいっても新築住宅を買った会社が倒産してしまっていたら、補修を頼むことができませんよね。こういった場合の買主の泣き寝入りをふせぐために作られたのが、「住宅瑕疵担保履行法」です。

 

この法律では、万が一業者が倒産していた場合でも、その補修を行うための費用を確保できるように、新築住宅を販売する会社に対し「供託金の納付」もしくは「保険への加入」を義務付けています。

 

新築住宅の売主が「供託金を納付」か「保険への加入」のどちらの措置を取っているのかに関しては、売買契約を行うまでに説明する義務がありますので、その時に確認しておくことをオススメします。

 

またこの住宅瑕疵担保履行法でいう瑕疵とは、「構造耐力上主要な部分と雨水の浸入を防止する部分の欠陥」を指しており、適用期間に関しては引渡しの日から10年間となっています。


住宅瑕疵担保履行法の注意点

この法律が対象としているのは「新築住宅」のみになります。新築住宅とは、新しく建てられた住宅であり、建設工事の完了から1年以内であること、かつ未入居の物件のことを指します。この条件に該当しない住宅を購入した場合、住宅瑕疵担保履行法は適用されませんので注意しましょう。