HOME >> スタッフブログ >> ブログ >> 暮らしのイメージを具体的にする方法

暮らしのイメージを具体的にする方法

暮らしのイメージを具体的にする方法
こんにちは!ナチュリエの丸本です。

以前、「家が欲しいと思ったら、まず自分のしたい暮らしをイメージしてみましょう」という記事を書きましたが、本日はその続きになります。


「暮らしをイメージするって一体どうやって?」と思いますよね。確かに注文住宅の場合は建売物件と違って間取り図もないし実際に建物を見ることもできないので、イメージしにくいと思います。注文住宅はゼロから建てるので目に見えないものなんです。



では、自分がどんな暮らしがしたいのかを具体的にするためのオススメの方法を紹介します。それは「ブレインストーミング」という方法です。

ブレインストーミングとは

ブレインストーミングとは、集団でアイデアを出し合うことによって相互交錯の連鎖反応や発想の誘発を期待する技法である。(Wikipedia参照)


うん、全然分かりませんね。(笑)簡単に言うと、自分が頭の中で思っていることをどんどん書き出していって(発散)、その後に書き出した内容をまとめていく(収束)という方法です。
どちらかといえばビジネスシーンの企画会議等で使われる方法ですが、自分の頭の中を整理するときも使えます。


また書き出す作業をするときは、ふせんがあると便利です。なぜかというと後で整理がしやすいから。

ブレインストーミングの手順

①ふせんとペンを準備する(家族の人数分)


②明るい雰囲気でリラックスしているときに行う

※疲れているときや気分が良くないときはやめておきましょう。


③「こんな暮らしがしたい」という要望をすべて書き出す。

・ふせん1枚につき1つにしましょう。あとで整理しやすくなります。
・前に書いた内容と被っていてもOK
・質より量が大事です。考えすぎずどんどん書き出しましょう。
・あくまで理想です。「アイランドキッチンにしたい」、「インナーガレージが欲しい」等々なんでもOKです。


④書き出した「要望」をまとめる

・似ている、同じ意味のふせんをまとめる
・ふせんをまとめたら優先順位をつけていく(絶対欲しいこと、できれば欲しい等)

ブレインストーミングのコツは?

ブレインストーミングのコツは、とにかく楽しくワイワイやることです。「こんなの無理だろうな」とか「こんなの書いたらママ(パパ)怒るかな」なんて考えずに思いついたことをどんどん書き出しましょう!


あとは相手の意見を絶対に否定しないことも大切です。否定されてしまうと、潜在的に考えていることでなく、否定されない意見しか出てこなくなってしまいます。


ブレインストーミングをすると夫婦間や親子間でお互いの考えていることが分かったり、共通していることがあったりして新たな発見があって面白いと思います。ぜひ試してみてください!


熊本のアンティーク・ナチュラル風注文住宅ならナチュリエ 
丸本