HOME >> スタッフブログ >> ブログ >> 親の土地に家を建てるときに知っておくべきポイント

親の土地に家を建てるときに知っておくべきポイント

親の土地に家を建てるときに知っておくべきポイント


こんにちは!ナチュリエの丸本です。

 

土地を購入するための費用が掛からないというのは家づくりにおいて大きなアドバンテージですよね。その分建物に費用を掛けられますから。そのため親が持っている土地に家を建てるという方もいらっしゃると思います。

 

そこで今回は親の土地に家を建てる予定の方が、住宅ローンを借りる時に知っておくべきポイントをご紹介します。

住宅ローンを借りる時に気をつけるべきポイント

住宅ローンを借りるときには、借入れの担保として土地と建物を確保されます。これを言い換えると「土地と建物に抵当権を設定する」ということになります。自分が家を建てる前に、親が他の借入れでその土地に抵当権が設定されていると、住宅ローンの借入れは難しくなります。


もしその借入れの返済が終わっているのであれば、親の借入れ時に設定された抵当権がキチンと抹消されているのか確認しましょう!


①で説明したように、住宅ローンを借りるときには、土地と建物が担保に入ります(つまり、抵当権が設定されます)。つまり、自分が家を建てた土地の名義を親名義のままにしておくと、返済が滞ったときに親がその責任を負わなければならなくなります。

 

それを防ぐために自分の名義に変更した場合は、贈与税、不動産取得税、登記費用等が掛かります。親に迷惑を掛けたくないので土地は自分の名義に変更するという方は、資金計画の際に上記の費用も計算に入れておきましょう。


相続財産を相続する権利を持っている人を、「法定相続人」と言います。親が持っている土地を相続する権利は、通常自分の兄弟姉妹にもあります。またその他にも親戚等に法定相続人として該当する方がいるかもしれません。法定相続人は誰なのか調べておき、事前に協議をしておくことをオススメします。


家づくりは家族が幸せに暮らすためにするもの。せっかく家を建てたのに、親族や親戚間で揉めてしまうと意味がありません。


本日のまとめ

いかがでしたでしょうか。実際に一般の方が上記の3つすべてを自分で処理するのは難しいと思いますので、住宅会社に相談して司法書士事務所などを紹介してもらうとよいでしょう。司法書士事務所に頼むと少々費用は掛かりますが、「餅は餅屋」というようにプロに任せておいたほうが安心です。

 

熊本のアンティーク・ナチュラル風注文住宅ならナチュリエ

丸本