HOME >> スタッフブログ >> ブログ >> 長く住めるお家の鍵は自然素材…?

長く住めるお家の鍵は自然素材…?

02ad353972354cb880e93f800dab33ce_s

先日、日本の家の寿命が短い「本当の理由」というブログを丸本が書いていましたね。

コチラをクリック →  日本の家の寿命が短い「本当の理由」



「うんうん。」と納得の永野です。

 

日本の家の寿命が短い本当の理由を簡単に説明します。

日本の家は20年~30年で建て替えられることが多いらしいのです。

しっかりとメンテナンスすれば十分に住むことができるのに。

では、なぜ建て替えるのかというと、「家の見た目が古く感じる」から。

 

それなら、アンティーク家具のように「時間が経てば経つほど味わい深く感じられる」「価値がある」ようななお家にすることで、自分の子どもや孫にも住んでもらえるお家になるのではないでしょうか。

 

 

そうはいってももちろん定期的にメンテナンスは必要。



メンテナンスのしやすさもお家の寿命を延ばす鍵


例えば漆喰や木、レンガといった素材はいつの時代でも手に入ります。

何十年経ってもメンテナンスは可能。

 

でも、日本の新建材の中には、何十年も経つと手に入らなくなってしまうこともあるんだとか。

そうなると、同じ商品同じ建材でメンテナンスが出来ないということも起きてしまいます。

 

使い捨てではなく、ずーっと住み続けられるお家へ


人間は体に不調があればすぐに病院で診察しもらい、お薬をもらいます。

それと一緒で、お家だって定期的にメンテナンスが必要なんです。

 

一生に一度の世界に一つだけの我が家が、ボロボロになるのは悲しいですよね。

そうならないためにも、お家を建てる時は長く維持・メンテナンスしやすいかどうか、そういうところも考えてみてはいかがでしょうか。

 

熊本のアンティーク・ナチュラル風注文住宅ならナチュリエ

永野