HOME >> スタッフブログ >> ブログ >> 土地の選び方 ~道路と敷地の関係 vol.2~

土地の選び方 ~道路と敷地の関係 vol.2~

4d4c3523cdccc549d3c499abf163d4a0_s


こんにちは。ナチュリエの永野です。

 

今回は土地を購入される際に絶対チェックすべき条件②をご紹介します。

 

道路と土地って密接な関係があるんです。


前回は接道のお話をしましたね。

簡単に説明しますと、土地と道路が接している部分が2m以上なければいけない

というものでしたね。


前回の記事はコチラ。


今回は『敷地の前の道路の幅』に関しての条件をご説明します。



②  前の道路の幅を4m以上確保しなくてはならない。

5158a757644c5fd78fd660fe0eb60f1f2



法的に道路の幅は原則4m以上と定められています。


もし、敷地の前面道路の幅が、4m未満の場合は、

一般的には道路の中心から2メートル後退しなくてはなりません。

 

建ぺい率や容積率の計算をする場合、

後退した部分は敷地面積に算入できません。


なので、希望する大きさの家が建てられないということにもなりかねません。

後退した部分には家だけではなく、

塀やフェンスなども一切建てることができません。


なんだか小難しいお話になってしまいましたね。

そんな小難しい道路と敷地の関係シリーズも次回で最終回です。



前回と今回のまとめ

土地購入の際のチェックポイント

   敷地と道路は2m以上接していなければならない

   敷地の 前の道路の幅を4m以上確保しなくてはならない。



熊本のアンティーク・ナチュラル風注文住宅ならナチュリエ

永野