HOME >> スタッフブログ >> ブログ >> 省令準耐火住宅の3つの特徴

省令準耐火住宅の3つの特徴

省令準耐火住宅とは


そもそも省令準耐火住宅ってなに?と思われる方も多いと思います。

省令準耐火住宅とは建築基準法で定められた防火性能を持つ構造として、
住宅金融支援機構が定める基準に適合する住宅のことです。


具体的には以下の3つの特徴があります。
taika

省令準耐火住宅の3つの特徴


隣家からのもらい火による火災に備えて、屋根や外壁、軒裏を防火性の高い構造にします。

火災の発生源とその他の部分とを完全に区切るために、室内の内側には火に強い石膏ボードを使用。
火が柱などの構造物に燃え移るまでに時間がかかり、避難や消火が可能になります。

火が住宅全体に広がりにくくするために、火の通り道となる壁や天井内部の要所に
木材や断熱材のファイヤーストップ材を設けます。

まとめ


このように省令準耐火構造の住宅には
・「隣家などから火をもらわない」
・「一定時間部屋から火を出さない」
・「部屋から火が出ても延焼を遅らせる」
の3つ特徴があります。

家が火災にならないのが一番いいですが、
これから新築住宅を建てる方は
万が一のために省令準耐火構造の住宅にしましょう。


熊本のアンティーク・ナチュラル風注文住宅ならナチュリエ
島田