HOME >> スタッフブログ >> ブログ >> 住みやすい家の条件とは

住みやすい家の条件とは

788a15cd99a73a7dc38aeab41bef1633_s

住みやすい家の条件ってどんな条件かご存知ですか?

住みやすい条件を知らずに家を建ててしまうと、幸せのマイホーム生活が苦痛となることも。

そこで、家を建てる前に住みやすい条件を知っておきましょう。


①間取り


第一に考えた方がいいのが、部屋の間取りです。

まず間取りで気にすべきなのは、家族の一日の動きです。

朝起きてから夜寝るまでの家族の動きを意識しましょう。
そこを意識することで、キッチンや居間、ダイニングなどの間取りが決まってきます。

また、家具をどう置きたいかでも間取りが大きく変わってきますので
どんな家具を使いたいのかをふまえたうえで間取りを決めましょう。

その他にも・・・

・水回りの音は響かないか
・家族が暮らすのに狭くないか
・風通しは十分か
・光の取り入れ具合は十分か
・収納の位置、量は確保されているか
・コンセントの位置は不便ではないか

などがあります。

間取りは思っている以上に細かい部分でも配慮しなければなりません。
家族としっかり相談して間取りを決めましょう。


②熱効率


年々、日本の夏は過ごしにくくなっています。
特に熊本の夏は日差しが強く過ごしにくいです。

そのため、熱効率をしっかり考えた家にしましょう。

断熱材や遮熱シートを性能の高いものにすることで、熱の対策ができます。

また、熱効率に効果的なのは建物周りの緑です。

窓の近くに庭があり、緑があれば熱をやわらげるだけでなく、新鮮な空気を取り入れることができます。

庭を作るスペースがあれば緑を多く植えましょう。


省エネ


省エネの住宅にすることで住みやすい家になります。

省エネ住宅とは家の中で使われるエネルギーを極力減らすことです。

気密性の高い家にすることで、効率良く快適な家にできますし、
太陽光発電を付けることで購入する電力を抑えることができます。

省エネ住宅にすることで、人にも地球にもメリットがある家となります。



まとめ


今回は住みやすい家の条件を紹介しました。

今回は代表的なものを紹介しましたが、住みやすい家というのは家庭ごとに異なります。


自分たちに合った住みやすい家とはどんなものなのか、住宅会社の方に相談しながら
家族で話し合ってみましょう。


熊本のアンティーク・ナチュラル風注文住宅ならナチュリエ
島田