HOME >> スタッフブログ >> 土地 >> 地価はどうやって決まるのか

地価はどうやって決まるのか

8A

車やテレビなどは同じものを量産することができますが、同じ土地はこの世に1つしかありません。

そのため、人気の土地はどんどんと値段があがっていきます。

今回はどういう条件で土地の値段が変化しているのか紹介します。


地域性


地価は街のイメージや利便性、住環境など」「その土地の持つ地域性」によって異なります。

買物の利便性や、環境に恵まれた土地は地価が高くなっていきます。

逆に、食料品店まで距離が遠い土地や、学校から距離が遠い土地は値段が安くなります。


その土地の持つ固有の特性


地価は、生活の利便性、方位、形、道路条件、固定差、その地域の建築法規など、
その土地が固有に持つ特性によって大きく異なります。

一般的には、駅から近い、形が整っている、広い道路に面している、道路との高低差がない土地は
土地の値段が高くなります。

また、同じ面積の土地であれば、より広い建物が建てられる方、
つまり建ぺい率や容積率が高い方が価格は高くなります。

建ぺい率・・・敷地面積に対する建築面積の割合のこと
容積率・・・敷地面積に対する延べ床面積の割合のこと


流通量


人の出入りが少なく、売り出される土地が少ない地域では
相場そのものが成り立ちにくいため、たまに売りに出されると高値で取引されます。

逆に流通量が多く、相場が成り立ちやすい地域では
地価を形成する要素が互いに影響しあい比較的低い金額で取引されます。



まとめ


今回は土地の価格が決まる条件を紹介しました。

同じ土地は世界中どこを探しても見つかりませんので、気にいる土地を見つけたらすぐに行動した方がいいです。

建物についてしっかり考えることも重要ですが、まず土地について考えることが重要かもしれませんね。

熊本のアンティーク・ナチュラル風注文住宅ならナチュリエ
島田